BROWN by 2-tacs - OPEN COLLAR & SHORTS & HIKE SHORTS -


May. 14 , 2018

「ショートパンツ」
 
ショートパンツが好きで、毎年この時期になると僕のクローゼットはショートパンツでいっぱいになる。
がっしりとしたコットンダック製のアウトドアブランドの物もあれば、丁寧な作り(裏の縫製仕様を見ているだけでウットリ)のリネン製の高級品もちょっとだけある。
ちゃんと数えたことはないけれど、多分30〜40枚くらいはあるだろうか。
僕はそのショートパンツたちを眺めては「いまかいまか」と気温の上昇を待ち望んでいる。
 
先日、何気なしに見ていたテレビで女性(きっと僕と同世代)が「ショートパンツを履かない男性が好み」と言っていた。
きっとその女性はショートパンツをカッコよく履いている男性と出会ったことがないのだろう。気の毒に‥
だけど、僕もその意見に賛成だ。
 
街へ目を向けてみると、休日の男性たちの多くはセンタープリーツのはいったまるでスラックスを大幅に裾上げしたようなショートパンツを履いて、さらに足元はスクェアトゥのドライビングシューズをあわせている。
 
下半身だけ私立の小学生みたいだ。
あんなのかっこいいわけがない。
(いっそのことバミューダ諸島の衛兵よろしく編み上げのブーツをあわせたらどうだろう)
 
兎にも角にもショートパンツは皺くちゃが、かっこいい。
ショートパンツは色褪せてたほうが、かっこいい。
 
 
上記は、BROWN by 2-tacsのデザイナー本間氏の言葉です。
 
 
 
本間氏の言葉はいつ聞いてもハッとさせられる。
僕のお店も本当にかっこいい服とは何なのか、かっこいい着こなしとは何なのか。
見た目だけがかっこいい服を提案したいんじゃない。
ヒトとモノの本質のかっこよさを提案していきたい所存です。
 
BROWN by 2-tacsより、18ss最終デリバリーのご紹介です。
" B.D " と共生地で製作された " OPEN COLLAR "
夏を気持ち良く過ごせるサマーウールのリップストップ。
シルエットはアロハシャツのような、たっぷりとしたボックスシルエットです。
" B.D " 同様に胸ポケットにはボタン、裾にはスリットを配しております。
もっと快適に過ごしたい方は、" BAA#2 TANK & SILK TANK " をインナーに合わせると、より効果的です。
BROWN by 2-tacs
" OPEN COLLAR "
 
Mat : Wool 95%・Cotton 100%
Col : Khaki
Size :  M・L
Price : 22,500+tax
こちらは、" BATTLE JACKET・FLARED " と共生地で製作された " SHORTS "
フロントは、5ポケットのデニムパンツのようなコインポケットを配しております。
バックには、チノパンのような両玉縁を配しスッキリした印象です。
チノパンやスラックスなどによく見受けられるお尻に沿った立体裁断は、よりフィット感を得ることができます。
裾の見返し幅を広くとっておりロールアップをする事で、また違うシルエットを楽しんで頂けます。
BROWN by 2-tacs
" SHORTS "
 
Mat : Cotton 100%
Col : Indigo
Size :  S・M
Price : 22,500+tax
" WIND BREAKER " と同じポリエステルフレックスを使用し製作された " HIKE SHORTS "
軽量で柔らかく、伸縮性にも優れているため夏アソビにはもってこいなパンツです。
ウエスト部分にはゴムを配し、ベルト着用の際にセンター位置を安定させる為にガイライン製のベルトループを配しております。
ポケット下部には水抜きステッチ、フロントポケットはマチを十分にとったポケットを配しております。
また、より足を上げやすいように、裾口にはスリットが入っております。
濡れてしまっても速乾性に優れた生地なので、比較的渇きは早いと思います。
活動的な遊びをフォローしつつ、都会でも浮かない " HIKE SHORTS " です。
 
BROWN by 2-tacs
" HIKE SHORTS "
 
Mat : Polyester 100%
Col : Cloud
Size :  S・M
Price : 23,500+tax

 

 
H

 

 

 

 
 
 

 

GRUMMAN
 
〒790-0012 愛媛県松山市湊町4-13-4湊町マンション1F
TEL:089-977-7425 
 
www.grumman.jp

ページトップ




〒790-0012 愛媛県松山市湊町4-13-4湊町マンション1F
TEL:089-997-7425
www.grumman.jp

© GRUMMAN